オリジナルTシャツを製作していく時には、デザインをどんなものにするかをじっくり検討していきます。

プリントできる範囲なども決まっているのであれば、そのサイズに合っている様な形などにしていかないといけません。
そして忘れてはいけないのが、オリジナルTシャツの生地です。これは着心地だけでなく多少プリントしたときの仕上がりにも影響が出てきます。
それぞれのシャツの素材をよく見れば分かりますが、平織や綾織など生地そのものの模様があるのです。

インクジェットでのプリントの場合は直接素材にインクを吹き付けていくので、多少元の色が出てしまうのです。
それほど影響がないことが殆どですが、元々のデータと見比べると少し風合いが変わってくると感じることもある可能性もあります。

フルカラーの場合は白インクの上に色インクでプリントしたりする場合もあれば、白が出ない場合などもありますので、
オリジナルTシャツのデザインをする時には生地選びに関しても注意しておきましょう。

またシルクスクリーンで制作する場合は、色数も把握する必要があります。

色の数によって価格も変わってくるので、先にお見積りをかけておくことをお勧めします。
またそれに応じたデザインを考えるのも楽しいですよね。
白い文字に、少しアクセントで色を付けるのも素敵ですよね。

飲食店のユニフォームの場合、ハンコっぽくお店のロゴの横に入れるのもおしゃれです。
皆でああでもない。こうでもないと話ながら、デザインを考えるのも楽しいですよね。

お揃いのユニフォームでチームワークもより高まります。